スポンサードリンク

司法書士に独学で合格するには

司法書士の試験は、独学よりも資格予備校で利用勉強するのが一般的だといわれていますが、ここでは、社会人が、独学で合格できる勉強方法について考えたいと思います。
司法書士を独学で合格するのは本当に難しいのは事実ですが、基本書や過去問などの教材がたくさん市販されていますので、効率的に勉強すれば合格することも可能だと思われます。
そこで、おすすめしたいのは、資格予備校に行って、でできるだけ資料や情報をを集め、教材などを選ぶことをおすすめします。
また、独学は、時間がない社会人にとってメリットがありますが、自分で時間を管理しなければなりませんので、スケジュールをたてるときも、資格予備校のスケジュールを参考にすると計画がたてやすいと思います。
また、独学による問題点は、司法書士試験特有の書式試験対策だと思われます
が、特殊な科目ですので書式の試験対策には、資格予備用などの利用をおすすめします。

司法書士の独学教材

インターネットにおいて、司法書士の独学用の教材でよく見かけるのは、米国特許を取得したTLTソフト、司法書士 Newton TLTソフトです。
このソフトは、1日3時間、14ヶ月の短期間で1,500セクション35,000項目を超える全知識を正確に頭にすりこむことによって合格が可能になります。
この教材は、科目の項目ごとに完全習熟したとソフトが判断したとき、受講生固有の合格番号が表示され、全科目に合格番号が表示されるまで完全習熟されれば合格点を超えられるだけの知識が身につく仕組みのようです。
合格保証がついているようですが、内容等について詳しくは、ニュートンにお問い合わせください。

このページのトップへ