スポンサードリンク

司法書士の平均年収

司法書士を取得して転職した時に年収がどれくらいになるのでしょうか?
400万円から600万円くらいになるようです。
これは、転職時の年収ですので、事務所によっては違いますが、頑張り具合によって年収は増えていく可能性もあります。
>>司法書士7カ月合格法
平成10年ころの司法書士の年収は、平均して1000万以上ありました。この年収は経費などが含まれていますので、会社員の年収にすると600〜700万円くらいにあたるとおもわれます。
しかし、平成10年7月以降は報酬が自由化され、また、競争も激しくなっているところから現在の平均年収は減少してきていると思われ、司法書士で1,000万円越えるのは難しくなってきていると思われます。

1,000万円以上儲けるには、大口の依頼が必要ですが、一部の司法書士が独占しているようです。
新設の司法書士事務所では、簡易裁判所の訴訟の代理を前面に出して、破産手続きをメインの業務にしているところも多いようです。

司法書士と行政書士の年収

司法書士と行政書士の年収は、単純に比較できませんが、司法書士のほうが比較的安定しているようです。
というのも行政書士の収入にかなりのばらつきが見られ、年収1,000万円以上の行政書士と300万未満の行政書士に二極化されているからです。

反対に、司法書士は、独立開業後は比較的安定した収入を見込める資格であるといえます。
結局は、儲かっている行政書士もいますし、儲かっていない司法書士もいますので、独立した場合は、本人の営業努力が年収に大きな影響をあたえると思われます。
>>【司法書士】合格関連 (楽天内)

このページのトップへ