スポンサードリンク

司法書士 補助者としての求人

一般的には、司法書士の資格を持ったものが、司法書士として司法書士事務所に雇われる場合と、将来的には独立を目指し、実務を経験しながら資格試験の合格を目指すような人んお求人の募集があります。
この一般企業では、社員というところを、司法書士事務所では、補助者といいます。
補助者の求人は、司法書士事務所が各自で求人を出している場合が多いですが、資格の専門学校が求人を出している場合もあります。
また、ハローワークにも求人がありますが、最近では、人材派遣やネットを通じての求人も増えてきているようです。
補助者に関しては、司法書士試験の合格後、独立を考えているものが多いので、実務の修業として考えている司法書士事務所が多いため、待遇に関してはあまり期待できません。

法律事務所が司法書士の求人を出している場合も

法律事務所が司法書士の求人をしている場合があります。
法律事務所が弁護士だけでなく、司法書士を募集しているのかというと、弁護士だけの知識やノウハウでは解決できない事案、例えば、登記関係があるからだと思われます。
法律事務所の中に司法書士がいれば、その場で解決できることが多くなり、顧客にすぐに答えることができるケースが多くなることが期待されます。
インターネットで検索すると、法律事務所が司法書士の求人を出しているケースが意外と多いと思います。一般的に、仲のいい司法書士と手を組んで法律事務所を開設する場合も多いようですね。

このページのトップへ