スポンサードリンク

公認会計士の資格の難易度

難しい国家資格には、弁護士、公認会計士、弁理士などが挙げられますが、その中でも公認会計士の試験の難易度はどうなのでしょうか。
公認会計士の試験の難しさの特徴は、会計と法律の試験科目ともハイレベルなところです。
公認会計士の試験は、会計論のほかにも、民法や経済論の試験もあり、記述式の試験もあるのです。
また、短答式、論文式の試験のほかに、実務経験後にも試験があります。
社会人が受けやすくなって受験者が増えるので、合格者が増える傾向にあっても難易度自体は変わらないとおもわれます。

弁護士などと比較した公認会計士の難易度

国家試験の難易度ランキングなどを参考にすると、 
国家資格中でもとても難関といわれてるのが、司法試験です。つづいて公認会計士、弁理士という国家資格もとても難易度が高い資格といわれています。
続いて、税理士、中小企業診断士、不動産鑑定士などといった国家資格もかなり難易度の高い資格にランキングされています。
難易度ランキングにでているような国家資格の難易度は、個人個人によって違いがありますが、難しいことにかわりがありません。
ちなみに公認会計士は、希望すれば税理士にもなることができるので、一般的には、公認会計士のほうが税理士よりも上だと言われています。
しかし、公認会計士の中でも、税理士業務がメインのところも多いようですので、どの資格がとりやすいか、ということよりも、自分が何をしたいか、という視点で資格を選んだ方がいいでしょう。

このページのトップへ