スポンサードリンク

社会人が公認会計士を独学で取得するには?

社会人が独学で公認会計士試験に合格することは可能なのでしょうか。
通常は、最難関の試験である公認会計士試験を独学での合格は厳しいのが現状で、専門学校や通信講座で勉強するのが無難です。
というのも、試験科目が経済分野と法律分野と多岐にわたるので、専門学校ある受験のノウハウを利用しなければ合格するのが難しいのです。
また、社会人が合格できるように試験制度が変わったとはいえ、難易度が変わったわけではなく、やはり受験専門学校の情報が必要になります。
社会人が独学で公認会計士試験に合格することが不可能ではありませんが、短期間での合格を目指しているならば、独学で勉強することは、かなりのリスクです。
特に、意思の弱い人は受験専門学校に通学したほうがよいでしょう。

公認会計士の独学用テキスト

独学用のテキストは、やはり受験専門学校の参考書やテキストを使う方が効率的なようです。また、過去問を繰り返し勉強することが効率的なようです。
また、テキストまたは参考書がたくさんありますが、多くのテキストや参考書に手を出すよりも、数を絞って勉強することも重要なようです。
受験生の中には、実務的なことしるために実務書を読むかたも多いようですが、
試験合格を目指すためには、効率的ではないようです。
まずは、合格することに専念し、合格した後、実務を勉強する機会はいくらでもあるからです。
ですから、定評のあるテキストや問題集を徹底的に勉強することが一番です。

このページのトップへ