スポンサードリンク

債務整理、弁護士と司法書士

債務整理には、任意整理、自己破産、個人再生、特定調停があり、多重債務者は、以前は自己破産が多かったですが、最高裁判決により、利息制限法による利息をひきなおしして計算をすることで借金を減らすケースが増えてきています。
債務整理の中で、個人再生を利用すると、住宅ローンを残したまま、つまり自宅を所有したまま債務整理をすることができます。
これらは、弁護士と司法書士のどちらに依頼すればいいのでしょうか?
まず、弁護士さんは全ての任意整理を取り扱うことができます。
一方、司法書士さんには、法改正により、140万円以下の借金についての交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権が認めらたので、借金の金額が140万円以下の場合には,司法書士が取り扱うことが出来ます。
そして、司法書士さんには、簡易裁判所の訴訟代理権が認められていますが、それ以外の裁判所では司法書士は訴訟代理人になることはできませんので訴訟になる場合には注意してください。
気になる、評判ですが、ケースによって違うようですので、自分に合う弁護士さんか司法書士さんかは、無料相談などを利用した時に自分で見極める必要があると思いますね。

債務整理の弁護士費用

最近では、無料相談が多くなっていますし、弁護士事務所によっては、債務整理の費用を各人の経済状態をみて、分割で支払いできる場合があるので、相談してみてはいかがでしょうか。
なお、債務整理の弁護士費用を用意するために、金融業者から借入れをすることは絶対にしないでくださいね。

このページのトップへ