スポンサードリンク

債務整理?自己破産?

債務整理には、任意整理、自己破産、個人再生、特定調停があります。
多重債務者は、以前は自己破産を選択せざるを得ませんでしたが、最高裁判決により、利息制限法による利息をひきなおしして計算をすることで借金を減らすケースが増えてきており、それを支援するソフトも出てきているようです。
自己破産をしないで債務整理ができる可能性が広がってきていますので、専門家に相談してみましょう。
債務が少ない場合は、司法書士に相談すると、比較的費用が少なくて済むようですので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

債務整理で住宅ローンは?

債務整理の中で、個人再生は原則的に借金を5分の1にして3年で返済していかなければなりません。
しかし、個人再生を利用すると、住宅ローンを残したまま、つまり自宅を所有したまま債務整理をすることができますので、自己破産で自宅を手放したくない人は個人再生を利用するとメリットがあります。

債務整理のデメリット

ブラックリスト(信用情報)に名前が載って、数年間は借り入れや、カードを利用することができなくなりますが、最近は、債務整理した人も借入ができる場合もあるようです。
また、保証人がいる場合、保証人に請求がされるので、迷惑をかけることになってしまいます。
ですから、保証人がいる場合は、他の手段を取るべきでしょう。
そのほかの、メリット、デメリットは、司法書士さんや弁護士さんに相談して聞いてみてください。個人個人のケースによっても違ってきますので、一人で決めるのは危険があるでしょう。

 
このページのトップへ