スポンサードリンク

スターバックスの社員教育

スターバックスの社員教育社は充実していて、ユナイテッド航空などでは添乗員にスターバックスでの研修を受けさせることがあると聞いたことがあります。
また、最近では、スターバックスの社員教育がニュースになったように、スターバックスの創業者ハワード・シュルツは、マクドナルドよりコーヒーがまずいといわれ危機感を抱き、CEOに復帰し、アメリカ国内に7000ある全店舗を休業し従業員のトレーニングを実施したようです。
以前から、スターバックスの社員教育は充実していたようですが、店舗を休業してまで社員教育をするところを考えてみると、社員の質が経営を左右することを認識しているからだと思われます。

内部統制と社員教育

しかし、内部統制や個人情報保護など新しい法律により、新しい社員教育が必要になりました。システムだけでなく社員一人ひとりが、内部統制や個人情報保護について正しい知識を習得することが必要です。
社員教育には、膨大な人件費やシステムなどのコストが必要になります。

社員教育のセミナー

このように個人情報保護や内部統制などについて、もはや企業内だけで社員教育や研修を行うことは難しくなっています。
ですから、社員教育などのセミナーでは、社員教育を専門家にまかせる事を提案してます。
体系的なカリキュラムや計画的なプログラム、研修そしてマニュアルを利用することが、さらなる経営革新を求められている企業にとって、有効的であり、かつ効率的だといわれています。

 
このページのトップへ