スポンサードリンク

WEB勤怠管理が好まれる理由

勤怠管理は、タイムレコーダーに記録された労働時間について、所定労働時間と所定外労働時間や残業時間に分けて集計することです。
この勤怠管理が注目されたのは、サービス残業、残業割増し賃金などの労働時間の管理について労使間トラブルへ発展し、裁判になるケースが多いようです。
裁判の結果、企業側の敗訴するケースも多いようです。
というのも労働基準法に、タイムレコーダーなどを使用し、勤務時間を管理すると記載されており、従来多くの企業で採用されていた自己申告が認められないことが多いようです。
このような理由により、勤怠管理ソフトの需要が高まってきました。
また、JSOX法が2008年より施行され、さらなる内部統制が必要となりました。
その中でも、人の管理対策が重要になるので、労使間のトラブルを未然に防ぐために、WEBを使用した勤怠システムによりタイムリーなリスクの管理が必要となりました。
また、WEBを利用したASPの勤怠管理システムを導入する会社が多いのは、以前のシステムでは、税率や保険料率などの改正の度に、システムの変更が必要となり、時間及び費用がかかっていたため、ASPサービスを使用するとベンダーがメンテナンスをするためシステムの変更業務から開放されるという最大のメリットがでてくるためです。

フリーソフトで勤怠管理

WEBのASPサービスを利用するまでもない企業においても、勤怠管理の重要性には、変わりありません。
そのような場合は、フリーのソフトやエクセル(excel)やアクセス(Access)を利用してできるので安心してください。
また、老舗のアマノさんの勤怠管理機器を利用すれば安心ですね。
フリーソフトで勤怠管理ができる時代がくるなんて、すごい時代ですね。

このページのトップへ