スポンサードリンク

飲食店開業の手続き

飲食店を開業するための資格、免許、届出・・・
食品衛生法により、開業する際、店舗を営業する場所の都道府県知事が定めた条例により飲食店営業許可申請が必要になってきます。
そして、食品衛生責任者を設置する必要があります。
また、飲食店の開業手続きとして開業届が必要です。
各都道府県の保険所に確認するなどして詳しい内容は確認してください。
そして、飲食店を開業するには、防火管理者を選任しなければなりません。
一般の会社と同じように、税務署に開業届、青色申告承認申請書などの税金関係の書類や場合によっては、健康保険、厚生年金保険への加入、また、従業員を雇用している場合は雇用保険と労災保険に加入する必要があり、それぞれ、社会保険事務所、ハローワーク、労働基準監督署に確認する必要があります。
飲食店の開業の準備には、さまざまな手続きが必要で、全て一人で出来るものではありません。

飲食店の開業にセミナーを利用

飲食店の開業の準備には、さまざまな手続きが必要なうえ、開業率トップの飲食業は、廃業率も高いといわれている飲食業の経営は難しいといわれています。
そこで、経営コンサルティングの会社が開催しているセミナーを利用することも考えてみては?
セミナーでは、飲食店の開業準備に当たり、店舗の場所選び方、店の作り方、従業員の集め方、そして、一番重要な資金繰りなどのノウハウを教えてもらえるようです。、
自分が目指している飲食店対象のセミナーがあれば、一度相談されてはいかがでしょうか。

このページのトップへ