スポンサードリンク

会計事務所での仕事とは

会計事務所で仕事をするには、新卒での就職、転職、派遣、バイトなどがあります。
一般的には、会計事務所は、比較的小さな事務所が多く、教育制度が整備されておらず、職員の定着率が極めて低いです。
ですから、正社員として未経験者を採用することはほとんどなく経験者の転職・経験者優遇の会計事務所が多いようです。
しかし、未経験者歓迎の会計事務所もあり、仕事の進め方にクセがついている経験者よりむしろ未経験者の方がいいと考えている場合もあります。
会計事務所のバイトの仕事の8割以上は、会計伝票を中心とした入力業務、請求書や領収書の整理、年末調整などですが、電話対応や雑務なども多いようです。
また、派遣の場合は、即戦力として求められる場合と、会計事務所自体のの経理事務の派遣の場合があります。

会計事務所が採用する志望動機とは

会計事務所が採用する志望動機はこれだ!というものはありません。あくまでも会計事務所が求める人材と、応募者が求めている会計事務所が一致したときに採用されるのです。
ですから、志望動機を書く時には、ほかのものそのままコピーするのではなく、なるべく自分の言葉で書くようにするほうがアピールできます。
履歴書の中で、最も会計事務所がチェックしている点は、志望動機ですので、自分らしく、自分の個性のでる言葉でで志望動機を書くほうがいいと思われます。
ただし、チームプレーのできない、安定して勤務してくれないといったことが志望動機として書いていると基本的にはダメだと思います。
というのも、会計事務所としては、チームプレー、長期の勤務を希望しているからです。
また、未経験者歓迎の会計事務所には、仕事の進め方にクセがついていないということを未経験者のアピールポイントとして積極的にアピールしたほうがいいかもしれません。

このページのトップへ